複数の取引金融機関を持つ理由

取引金融機関は複数あったほうがいいです。

取引している金融機関から十分資金調達ができている、という場合でも、金融機関を開拓しておいたほうがよいでしょう。

 

理由は

・現在取引していても、次の融資を断られる可能性がある

・金融機関との条件交渉を有利に進めるため

です。

  

現在取引しているからといって、次の投資を検討するときにも貸してくれるかというと、そんなことはありません。むしろ、投資をするタイミングでいきなり何千万円貸してくれといっても貸してくれないケースが多いです。ましてや、業績がすこし悪くなって運転資金を借りたいというときに、融資を実行してくれるかどうかは、日ごろの担当者とのコミュニケーションにもよります。また、金融機関の担当者は定期的に変わるので、担当者が変わったとたんに態度が変わるということもよくあります。

 

また、1つの金融機関と付き合っていない場合は、条件交渉ができないため金利が高めになります。複数の金融機関と付き合うことで、金利などの条件交渉が可能となります。特にメインバンクは、他の金融機関から融資を受けることをなるべく避けたいと思うので、別の金融機関の条件を提示することで、さらに有利な条件を提示してくれる可能性があります。

 

「取引している金融機関から十分資金調達できているから必要ない」

逆に業績がよく資金調達の必要がないときこそ、新たな金融機関の開拓について考えてほしいのです。今すぐ必要はないかもしれませんが、半年後・一年後はどうでしょうか?新しい事業を始めるかもしれませんし、飲食店であればよい物件が出てきて新店を出店したくなるタイミングかもしれません。新規の金融機関から資金調達をする場合、半年くらい先であれば金融機関も話を聞いてくれる可能性が高いです。その時に有利な条件で資金調達ができるように、今から金融機関の開拓に取り組んでほしいのです。

 

「日本政策金融公庫からしか借入してない、民間の金融機関にどうやって相談してよいかわからない」

おそらく、どこの金融機関でも、融資の相談にのってほしいと言えば、対応はしてくれます。ただし、どこの金融機関に・どういう準備をして、相談すれば融資の可能性が高くなるかというノウハウがあります。ぜひ、効率的に融資を受けられるよう、ノウハウがある専門家に相談をしてください。

 

融資に強いコンサルタントへの無料相談は、こちらからどうぞ。

<お問い合わせ>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です