中小企業デジタル化応援隊事業 第Ⅱ期スタート

事業再構築補助金、第1回募集は大詰めですね。申請完了された企業・支援者の皆様、お疲れ様でした。まだの方は期限までのラストスパート頑張ってください。本日は、昨年も実施した制度の第Ⅱ期募集のお知らせです。

 

第Ⅱ期中小企業デジタル化応援事業とは?

全国の中小企業等・小規模事業者のさまざまな経営課題を解決する一助として、 デジタル化・IT活用の専門的なサポートを充実させるため、フリーランスや兼業・副業人材等を含めたIT専門家を 「第Ⅱ期 中小企業デジタル化応援隊」として選定し、その活動を支援する取り組みです。
<以上、HPから引用>

  

デジタル化やIT活用に取組みたいという中小企業経営者は多いと思いますが、何からはじめたらいいのか、自社に合ったツールは何なのかわからないという経営者も多いです。そんな経営者に、IT専門家が支援するという制度です。

 

何と言っても最大のメリットは、専門家の時間単価のうち3500円は国が補助してくれるというものです。

企業の負担は500円~/時間ということなので、例えば、4,000円/時間単価(税込)のIT専門家と40時間の支援を内容とする準委任契約を締結した場合、
中小企業等の費用負担は500円(税込)×40時間=20,000円(税込)で支援が受けられます。

  • WEBサイトを作りたい、リニューアルしたい
  • 飲食店でPOSレジを導入したい
  • RPAを導入したいが何から始めたらいいのかわからない 

などなど、いろいろな相談や導入までの支援に使えます。ツールの費用は別途かかりますが、お得な制度なので、ぜひ活用してみてください。

若林もこちらの専門家として登録しているので、上記の課題を中心にご相談お待ちしております。

<制度の利用はこちらから>

<若林への初回無料相談はこちらから>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です