WEBサイト制作を依頼するときに注意すべき3つのポイント

あなたがWEBサイトを立ち上げようと考えたときに、どのようなことに注意すべきでしょうか?

 

私が思う3つのポイントは、

・WEBサイトで何をしたいのか

・WEBサイト制作を誰に依頼するのか

・制作後のサービス&費用

になります。

 

1.WEBサイトで何をしたいのか

どういう目的で、WEBサイトを立ち上げたいのでしょうか?

よくあるのは、

・WEBサイトで商品・サービスを販売したい

・後々の販売につながるように、情報発信をしたい

・信用性を担保するために、最低限の情報を掲載しておきたい

このような理由が多いと思います。

これらの目的と予算を制作会社に伝えないと、希望とはかけ離れたWEBサイトになる可能性があります。例えば、情報発信をしたいのであればブログ機能をつけたほうがいいですがそれが無かったりとか、最低限の情報でいいのにやたらページ数が多く凝ったデザインのWEBサイトになったりする可能性があります。

 

2.WEBサイト制作を誰に依頼するのか?

1と関連しますが、WEBサイト制作を誰に依頼するのかも重要です。デザイン性を重視している制作会社に数百万円かけて依頼すれば、とてもカッコウイイWEBサイトができるかもしれませんが、意外とユーザー目線では使い勝手が悪かったり、商品・サービスの購入がしづらいHPになる可能性があります。最低限の情報を掲載するLP(ランディングページ)であれば、ランサーズなどで見つけた個人副業制作者に依頼するとか、自分で制作してもいいかもしれません。

数万~数百万円とページ数やデザインなどの工数でWEBサイトの価格はまちまちですが、目的と予算に合わせた依頼が必要となります。

  

3.制作後のサービス&費用

制作後のアフターフォローの有無も確認しましょう。

WEBサイト制作後もアクセス数などを分析しながら、、コンテンツに関してアドバイスをしてほしいということであれば、月額でのコンサルティング契約が必要でしょう。毎月の更新は必要ないが、数カ月に1回の更新などをお願いしたいということであれば、必要に応じて更新作業を依頼する形となります。特に制作後のアドバイスなどは必要ないとしても、サーバー管理料などが発生する場合もあります。

 

これらのポイントをふまえて、WEBサイト制作会社を選ぶとよいでしょう。

ちなみに私が提携している制作会社は、

・WEBサイトで商品、サービスを販売したり、こまめに情報発信をしたい

・だいたい5~6ページで価格が50万円程度

・アフターフォローはサーバー管理料(月額1万円程度)やコンサル契約(月額5万円程度)

といったWEBサイトを得意としております。

<サンプルサイト>

 

この価格帯が、前回紹介した小規模事業者持続化補助金にピッタリです。

10万円程度のHPでは、補助金額も数万円程度となり、申請の工数と比較すると割が合わなくなります。逆に200万円のHPの場合は、小規模事業者にとって投資の回収が長期間になります。

 

自社の目的や予算に合ったWEBサイトを、補助金も活用して、立ち上げを検討してみましょう。

<無料相談は問い合わせから>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です