WEBサイトを作るとき、これだけは知っておきたい2つのマーケティング

WEBサイトを作るのは何のためでしょうか?

WEBサイトを作って何をしたいのでしょうか?

 

 

答えは様々ですが、共通して言えることは、

自社のサービスを知ってもらい、購入につなげるため

です。

 

WEBサイトで直接商品・サービスを販売している企業はもちろん、情報発信だけのWEBサイトでも最終的な目的は購入につなげることです。

 

WEBサイトを作りたいという企業のコンサルにおいて、まず確認することがあります。

「WEBサイトを通じて、販売したいサービスは何ですか?」

 

WEBサイトで購入しやすい、購入しにくい商品・サービスがあります。例えば、過去に購入したことがある日用品、低単価の雑貨などは、比較的購入しやすいと言えるでしょう。また、最近は飲食店や美容院を紹介するサイトも多いので、試しに利用してみようと思う方も多いです。

一方、不動産や高額講座、コンサルティングなどは、単価が高く見てみないとわからないサービスでもあるので、WEBサイトで見てすぐに買ってみようとはならないケースが多いです。

 

 

WEBサイトで購入しやすい、購入しにくいサービスと大きく2つにわけましたが、

あなたがWEBサイトで販売したいサービスがどちらに属するかで、取るべきマーケティング施策は大きく異なります。

 

 

あなたがどんなマーケティング施策をとるべきか、そのヒントが手に入るセミナーがこちらです。これからWEBサイトを作りたい、リニューアルしたいと考えている方は、特におすすめです。

<WEB集客メディア活用セミナー>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です