非常に多い 補助金に関する3つの誤解

事業再構築補助金のまさかの申請期間延長にはびっくりしましたが、緊急事態宣言とは違ってこれ以上の延長はないでしょう。申請準備はバッチリでしょうか?

 

今日は、事業再構築補助金やものづくり補助金などの補助金について、申請を検討する企業にとても多い3つの誤解を紹介します。今後の補助金申請を考えている方は、ぜひチェックしてください。

 

誤解その1.補助金は要件を満たせばもらえる

「申請要件満たしているから、●●万円もらえるよね?」

と聞いてくる人がいます。残念ながら、補助金は要件を満たしていれば必ずもらえるものではありません。要件を満たしているのは当たり前で、その上で補助金の目的により合った申請書、具体的で実現性が高く効果も高い事業が選ばれます。なので、申請書の準備にはそれなりの工数がかかりますし、業者に支援を依頼するのであればコストもかかります。

 

誤解その2.補助金は採択されればすぐもらえる

補助金は採択されればすぐもらえると思っている方も多いです。ものづくり補助金や事業再構築補助金は、採択後概ね1年後に入金となります。事業に必要な費用を先に支払い、その後に補助金の入金となるので、費用の準備が必要となります。事業に必要な現預金がない、借入れも難しいと思われる企業は採択されないので注意してください。

 

誤解その3.補助金の審査員は自分たちの事業に詳しい

「補助金の審査員はすごくたくさんいて、申請企業の事業について詳しい専門家が審査する」と思っている方もいます。だから、専門的な記述が必要とか、詳しい説明は不要とか、とアドバイスする支援事業者もいるみたいですが、間違いです。審査員は中小企業診断士など、事業計画に詳しい専門家が多いですが、申請企業の事業については詳しくない場合が多いです。若林のは飲食業に一番詳しいですが、過去にものづくり補助金の審査員で製造業などの申請書を審査したことがあります。審査員の得意分野などは一切考慮されないので、専門知識がない審査委員が読んでも理解できるような、分かりやすい申請書が求められます。

 

以上、代表的な3つの誤解を紹介しました。皆さんが補助金申請を検討する際には、これらの誤解についてもしっかり理解する、あるいは説明をしてくれる支援業者に協力を依頼することが必要となります。

補助金申請についての無料相談を受け付けております。<お問い合わせ>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です