メディアコンセプトは1つに決める

集客のためのメディアを作るために最も大切なことは、コンセプトを1つに決めることです。

 

コンセプトを決めるためには、

誰に?

何を?

伝えたいのか。これが重要です。

 

「〇〇の店長のブログ」とか「〇〇日記」のようなメディアを見かけますが、それなりの有名人が書いているコンテンツ出ない限り、集客にはつながらない可能性が高いです。

 

集客につながるメディアは、コンセプトが決まっており、読者がコンテンツを見たときに

「これは自分のことだ!自分のためのコンテンツだ!」

とはっきりわかるものです。

 

わかりやすい例として、ダイエットに関するコンテンツを例にすると、

あなたがダイエットをしたいと考えたときに

”ダイエットメディア”

というコンテンツを見ますか?

 

男性向け?女性向け?

運動によるダイエット?食事制限?

短時間でできるもの?時間をかけて取り組むもの?

などなど、自分が求めているコンテンツか迷うはずです。時間に余裕があれば読むかもしれませんが、なかなか読まれないです。

 

例えば、

”40代男性のための、自宅でできる運動で、1カ月で3キロ痩せるためのダイエットメディア”

とか

”20代女性のための、1日10分の運動で食事制限はしないで簡単にできる、ダイエットメディア”

とか、

”忙しい経営者向け、1週間に2時間の運動でダイエットするための、パーソナルジム紹介メディア”

であれば、誰に?何を?が具体的です。

 

誰に?何を?が具体的なので、該当する人がみると、このメディアは自分のためのものだとはっきりとわかり、読まれる可能性が高くなります。

 

対象を絞れば絞るほど、お客さんの心に響きやすくなります。

皆さんも、お客さんの心に響くコンセプトをぜひ考えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です