若林和哉 

パートナー経営企画・事業計画コンサルタント・中小企業診断士

<経営企画として>

飲食業や不動産業など複数の中小企業で、経営企画を10年以上担当しました。それまでは経理を担当してたのですが、その時の経理の上長と一緒に経営企画部立上げに関わりました。転職後も経営企画室の新規立上げに関わっております。

中小企業での経営企画の業務は多岐に渡ります。大企業の経営企画で一般的な業務である中期経営計画や年間予算策定・予算実績の管理だけでなく、

  • 新規事業の企画
  • ハワイアンカフェや観光地の物販店の商品企画
  • フランチャイズ展開、独立支援制度(のれん分け)構築
  • 社内講師
  • M&A

などなど。

経営として取り組まなければいけない課題に対して、既存の部門ではカバーできない業務を、経営参謀として経営企画が請け負う

この想いで業務に取組んできました。

 

<中小企業診断士として>

経営企画への異動を見据えて、経営全般に関する知識を習得したいと思い中小企業診断士の資格を取得しました。資格取得後は、上記の通り社内の業務の幅が広がったこともありますが、社外での人脈が広がったことや業務に関わる機会が増えたこともポイントです。

  • セミナー講師(日本経済新聞社主催フランチャイズショー、フランチャイズ比較.net でのセミナーなど)
  • 書籍やWEBコンテンツの執筆
  • 補助金申請支援や審査員(ものづくり補助金・小規模事業者持続化補助金など)
  • コンサルティング
  • 大学での講義

などです。特に、大きかったのが補助金申請支援の経験で、

  • 成長したい企業には資金調達のニーズが大きいこと
  • 補助金申請や補助金が出るまでの金融機関からの資金調達において、事業計画を策定できる人材が限られていること
  • 補助金を通じて企業をどういう方向に進めたいか、アイデアをまとめて見える化することが必要であること

などを感じました。

 

<パートナー経営企画として>

これまでの経験を通じて、

  • 成長したい企業・経営者には、現在の部門ではカバーできない業務を請け負う経営企画が必要だということ
  • 中小企業での経営企画は多岐にわたり、これをカバーできる人材は社内には限られていること
  • 資金調達や今後の事業展開に必要な事業計画を策定できる人材が必要であること

と考えています。

”あなたの会社の外部パートナーとして、経営を企画する支援をする”、この想いで中小企業の成長に少しでも貢献できればと思っております。

 

<主な所属団体他>

・一般社団法人東京都中小企業診断士協会中央支部会員部部長 <中央支部WEBサイト>、一般社団法人東京都中小企業診断士協会会員部副部長 

・一般社団法人東京都中小企業診断士協会認定フランチャイズ研究会  <フランチャイズ研究会WEBサイト>

・経営革新等支援機関

・中小企業診断士稲門会幹事

・一般社団法人融資コンサルタント協会正会員

・一般社団法人マーケティングパートナー協会会員 <WEBサイト>